うみたまごバックヤードツアー
うみたまごのバックヤードツアーに参加してきました。
土日祝のみ開催している小学生以上が参加できる体験型のイベントです。
小学生は500円、中学生以上は1000円でした。
チケットは、入館券の窓口で買わねばならないので、入館券と一緒に買ってしまった方が便利のようです。
もちろん、手にスタンプを押してもらえば再入館できるので、一度入館してから、参加したいなーって思っても大丈夫。

こっから先はネタばれ?を含みますので。
b0024125_2229746.jpg


バックヤードツアー参加前で、内容を知りたくない人は読まないでくださいね。

b0024125_2233212.jpg






まずは大水槽の裏側探検。
b0024125_22333927.jpg

絵が可愛い。
・・・この絵にある、シノノメサカタザメさんですが、事故で亡くなってしまったそうです。

大分近海で見られる色々な魚たちが泳いでいる水槽の真上です。
b0024125_22372326.jpg

シュモクザメなど、沢山のサメも泳いでいますが、基本的におとなしいサメがほとんどだそうです。
案内してくれる職員さん曰く、ホオジロザメとか入れると、怖くて水槽の掃除ができません(苦笑)

まずはお楽しみ?の餌やり。
新鮮な小エビです
b0024125_22424760.jpg

かき揚げにして食べたらおいしそう・・・かなり鮮度が良い物を食べているようです。

沢山あるのですが、なんとなく1匹ずつやってたら、職員さんに、「時間がなくなっちゃいますよー」と言われました(笑)。ので途中からガバッとつかんで放り投げ。
写真は撮ったけど、何が何だか(笑)
b0024125_2244443.jpg

魚たちの勢い凄すぎです。

あ!正月らしく、鏡餅が!
b0024125_22453956.jpg

とほっこりしたところで、クイズです。

これなーんだ。
b0024125_22515390.jpg

歯ですね(当たり前)。

こちらも。
b0024125_22523886.jpg

歯ですね(だから何の)。

最初に載せた、シュモクザメ(だったと思う)と、マダラトビエイの歯です。
サメの歯は、どんどん生え換わるので、掃除の際、水槽の底に落ちているのを回収するのだそうです。
サメの歯は見たことあったけど、マダラトビエイの歯は斬新だったわ~。

戻る途中にぽっかり空いた壁の穴が。
b0024125_22563035.jpg

3階建ての高さの学校の屋上と同じぐらいの高さがあるそうです。

上部には、しっかりしたワイヤーが。
b0024125_22561284.jpg

魚の搬入口になっています。
レールで、先ほどの大水槽の上まで繋がっていて、搬入用の水槽ごと、大水槽に沈めてしまうのだそうです。
さすがに、大きなサメ達を人力で抱えて運んだり、水槽から出す作業は大変ですからね。
色々と工夫されています。

職員さんの勤務表?みたいな何かがありました。
カエルのマグネットが可愛い。
b0024125_2352686.jpg


お魚さん達のご飯。
b0024125_2382381.jpg

バックヤードなのに、ちゃんと人に見せるようなプレートがあるのが凄いです。
職業体験だったり、小学校の課外授業の受け入れを積極的にされているそうです。

いいなー。
さすがにうちの学校からおたるはないか・・・いや、修学旅行の時はあるか。

マダラトビエイさん達のお食事準備中。
b0024125_2310357.jpg

内臓を抜いております。
んまっ!内臓食べないの?贅沢な・・・とか思ったけど、そうではなくて。
イカスミや、イカの骨みたいなアレで水槽内が汚れてしまうので、先に処理しておくのだそうです。
手作業なんですねー。

この後、餌などが保管されている冷凍庫に潜入。
凍ったまま貯蔵されているシュモクザメなどと一緒に記念撮影をしてまいりました♪

こちらは重要なパイプ。
b0024125_23174253.jpg

冷水を送るためのパイプです。

こちらは温水用。
b0024125_23182974.jpg

館内にはくまなくこのパイプが張り巡らされていて、一本にするととても凄い長さになるそうです。

そして一旦お外へ。
b0024125_23193685.jpg

世にも珍しい自販機がそこに。

なんと処理海水を販売している機械です。
b0024125_23204649.jpg

地元の方など、外部からやってきて購入する事ができるそうです。
以前は、職員の方が蛇口をひねって販売してたそうですが、それだと効率が悪いので、自動化されたんだとか。海水魚の飼育をする方なども買いに来られるそうです。

上を見上げると、海獣さん達の展示場が。
b0024125_23232863.jpg

屋内水槽にいるセイウチの、温くん、泉ちゃん達を裏から眺めたり・・・。

ここにも解説パネルが。
b0024125_23245487.jpg

ラッコが可愛い。

こうして、館内を裏側からグルッと回って元の場所に戻ってまいりました。
所要時間は45分ほど。
かなり有意義な時間でした~。

俱梨伽羅さん、おつきあいいただき、ありがとうございました~♪
[PR]
by musca-zoo | 2012-01-28 23:28 | うみたまご | Comments(0)


<< うみたまごの色々な生き物達 新年水族館詣 >>