ミステリーツアー
b0024125_23564456.jpg

年明け帰省から戻ってすぐ、1/10の円山でミステリーツアーに参加してきました。

11/1~1/31まで土日限定で開催していたイベントで、閉園後の動物園を案内してもらえるイベントでした。ただし、行先は目的地に着くまで知らされないというツアー。

参加者は10名限定なので、希望者が多い場合は抽選ということでした。
園内でポスター以外の目立ったイベント募集はなかったので、参加者はそれほど多くはないだろうかと思っていましたが、冬休み期間中ということもあってそれなりの人でした。

くじ運のない我が家…参加はまた次回かと諦めていましたが、珍しく抽選に当たりました!
今年1年分の運を使ってしまったかもしれん…。

↓長くなるので折りたたみます↓

今後またミステリーツアーが開催されることがあって、参加する予定がある方は続きを見ない方がいいのかも。



抽選で選ばれた10名は職員さんについて閉園後の園内を歩いていきました。

着いた先は「オオカミ舎!!」
これはもう本当に今年1年の運を全部使ってしまったにちまいない…。

オオカミ舎に入ると、担当職員さんからお話があり、普段オオカミ達が過ごしている運動場に餌を設置、オオカミ達が食べている様子を観察できるとの事。

まずはバックヤードへ。
↑の画像のような消毒液で靴底を消毒してから入室。

円山動物園アニマルファミリーの「キナコ」に入っていた時はファミリーイベントで何度かバックヤードに入る機会がありましたが、キナコが亡くなって以来久しぶりのバックヤード。

まずは餌について説明がありました。
一日に約2キロずつ与えているそうです。
また、絶食日を設けているとのこと。
b0024125_065654.jpg


本日のメニューは馬肉、羊肉、ひよこ、豚背骨。
b0024125_043493.jpg

b0024125_0122764.jpg

羊肉は我々人が食べるのと同じようなもので、今回は脂肪が多かったので削いだとの事。

バックヤードといえばお約束のホワイトボード。
エゾシカも共通の場所のため、エゾシカの事も書いてあります。
b0024125_071077.jpg


この他に普段は豚軟骨
b0024125_0125382.jpg


豚足
b0024125_01389.jpg


エゾシカ肉
b0024125_0133881.jpg


などを与えているそうです。

そして靴には靴カバー、手にはビニール手袋をはいて外へ出る準備をしてから室内に収容されている状態のオオカミ達を観察。
運動場に隠す予定の餌が入ったバケツを持っていくと(主にユウキとルークが飛び跳ねて)落ち着かなくなるから、ということでしたのでバケツは一旦置いてから。
b0024125_0171532.jpg


大体いつも入る位置は決まっているそうで、左から
ユウキ
b0024125_0173292.jpg


ルーク
b0024125_0181512.jpg


ジェイ
b0024125_0183214.jpg


最も運動場の入り口側にショウ
b0024125_0184252.jpg


という風に入っていました。
ショウは臆病な性格なので、見知らぬ人間が沢山いる状況に、奥の方で小さくなっていました。

そして再びバケツを持って運動場へ。
b0024125_0442062.jpg


普段ルークがビョンビョン飛び跳ねているあたりです。
b0024125_0225681.jpg


丸太はこんな風に埋もれていました。
b0024125_0232077.jpg


観覧側から一番近い場所にある木
b0024125_0234152.jpg


オオカミ達から見た観覧場所
b0024125_024811.jpg


檻側を中から見ると
b0024125_0242494.jpg


スロープ下。雨や雪の強い日、夏の暑い日によく丸くなっている場所。
b0024125_025538.jpg


スロープ下から観覧場所を見ると
b0024125_025439.jpg


スロープ側と近い小山は雪で埋もれると更に近く
b0024125_0262878.jpg


山のてっぺんから奥を見たところ
b0024125_0265825.jpg


そうして運動場を散策したり、餌を隠したり、記念撮影をしたりして、一度室内へ。

興奮したルークが飛びます。
b0024125_0274862.jpg

室内は狭いため、収容時に飛び跳ねたり檻を齧ったりして、ルークは犬歯を、ユウキは(ショウも?)爪を負傷したことがあります。
もう少し室内のスペースが広くなるといいのですが…。

ここで檻の説明がありました。
ジェイの収容されている位置は可動式の檻で徐々に奥から手前へと大きさを調節できるのだそう。
b0024125_030564.jpg


檻が狭まると身動きが取れなくなるため、麻酔をかけたり、レントゲンを撮ったりするのに使えるそうです。身動きが取れなくなってキャインと悲鳴をあげたジェイ。
b0024125_0311127.jpg


便利な檻だけど、稼働させるためには直接職員さんが檻の上に乗らないといけないので横でピョンピョンルークやユウキが飛び跳ねている状態だと怖いそうです。

そしてオオカミ達はサブ展示場へ。
b0024125_033645.jpg


順次出てったのにルークが一度様子を伺いに戻ってきた(笑)
b0024125_0333358.jpg


そして参加者はいつも見ている観覧側へ移動。
観覧側の照明は消し、屋外の電気をつけてもらってオオカミ達が餌を探して食べる様子を観察。

サブの奥から一気にワッとオオカミ達が飛び出してきました。
b0024125_03573.jpg


あちこち探しながらまず見やすいものから食べていくオオカミ
b0024125_0353331.jpg


見えていても、背骨などの食べるのに時間がかかるものは後回しにしていたように思います。
b0024125_0355816.jpg


木の上に乗せた肉も立ち上がってパクリ
b0024125_0363339.jpg


しかし、この木に乗せた他の肉には中々気がつかず…。

頭上に肉があるのにマーキングするジェイがいたり。
b0024125_0371635.jpg


この肉は中々見つけてもらえませんでしたが、最後の方でようやくショウが見つけて食べました。
b0024125_038697.jpg


主に視覚に頼っているようにも見えますが、嗅覚も使って埋められた肉や雪の下に置かれた肉なども探し出していました。
b0024125_038401.jpg


おおかた食べ終わって他にもないかそれぞれ捜索するオオカミ達。
b0024125_0394224.jpg


そうしてミステリーツアーも終了となりました。
約30分の予定でしたが、軽く1時間オーバー。
とても濃く楽しい時間を過ごすことができました。
[PR]
by musca-zoo | 2015-02-17 00:44 | 円山動物園 | Comments(0)


<< 親子 ミナの寝顔 >>