「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:とくしま動物園( 25 )
2014年1月のとくしまより
2014年1月、1年前のとくしまの様子です。

コウゲツの写真はちょっと多いのでまた別の機会に。

b0024125_0163663.jpg

ケニアカンムリホロホロチョウ

実はとくしま動物園って他の園であまり見かけない鳥類が色々飼われてる気がするのです。
このケニアカンムリホロホロチョウもそれほど多く見かけないと思います。

↓長くなるので折りたたみます↓

続きはこちら
[PR]
by musca-zoo | 2015-01-18 00:40 | とくしま動物園 | Comments(0)
さよならコウゲツ
b0024125_0045100.jpg


2014年12月8日
とくしま動物園のシベリアオオカミ、コウゲツが亡くなりました。
1997年5月12日生まれ、17歳。

2001年に初めて会ってから、約13年。
実家に帰省する時に会いに行くので、地元の古い友人のような存在でした。

この数年は、あちこちの方から様子を教えて頂くようになり、帰省できない間も、元気にしている様子を知ることができていました。
つい最近の動画を見せて頂き、かなり足元がおぼつかなくなってきていたので、来年の夏に会うのはもしかすると厳しいかもしれないなという気がしていました。それでも、この冬は越してきっと5~6月の気温が上がり始める頃が鬼門だな、ぐらいに考えていたので、今回の訃報は驚きました。
急に寒くなってきたせいもあるのかもしれません。
年齢的には大往生なのだと思います。

それでも、今度帰省する時にもうあの獣舎には彼はいないのだな、と思うと切ない…。

コウゲツ、安らかに。
先に逝ったレグルス、ミラ、そして平川で亡くなったカールとは会えたかな。

↓画像多くなるので畳みます↓

続きはこちら
[PR]
by musca-zoo | 2014-12-22 00:27 | とくしま動物園 | Comments(0)
ただいま
11日夜、長い帰省の旅から帰ってきました。
帰省してる間は自動更新で、過去の同じ月日に出かけた園館から蔵出し写真をチョイスしてみました。

そしてあれから1年経つんですね・・・。

昨年は、多くのオオカミ達が逝ってしまいました。
今年は訃報の少ない年になるといいなぁ。

1997年生まれのコウゲツ(まだ会えてないけど平川のカールも)は気が付けば最高齢。
今年も元気で過ごせますように。
b0024125_22261373.jpg


帰省中、色々遠征してきたので、画像はボチボチと出していきます。
[PR]
by musca-zoo | 2014-01-13 22:26 | とくしま動物園 | Comments(0)
セイキムクドリ
b0024125_16583429.jpg

とくしま動物園にて2010年1月11日撮影
[PR]
by musca-zoo | 2014-01-11 07:00 | とくしま動物園 | Comments(0)
真夏の動物園4-とくしま動物園編-
とくしまも暑かった・・・

この日、「展示中止しています。」の張り紙が出ていたピューマの「チップ」が17日、ホッキョクグマの「バーレー」が26日に亡くなったそうです。

とにかく暑い日でした。
b0024125_848444.jpg

比較的木陰があって気温が他より低い所にいるリスザルですらこんな状態(笑)

↓画像多くなるので畳みます↓

More
[PR]
by musca-zoo | 2013-08-30 10:09 | とくしま動物園 | Comments(0)
真夏のコウゲツ
天王寺の後は少しゆっくりして、とくしまへ出かけました。
b0024125_14583451.jpg

コウゲツに会うためです。

↓画像多くなるので畳みます↓

まだまだ大丈夫そう…かな
[PR]
by musca-zoo | 2013-08-28 15:30 | とくしま動物園 | Comments(0)
キャリーさん
b0024125_22535424.jpg

1990年5月5日生まれ。

お年を感じさせない堂々たるたたずまいです。
b0024125_22565621.jpg


何度かつまづいたかな?というぐらいで、歩く姿もしっかりしておられました。

まだまだお元気で!
[PR]
by musca-zoo | 2012-01-22 22:58 | とくしま動物園 | Comments(2)
新年オオカミ詣で
b0024125_107468.jpg

今年の新年オオカミ詣では、とくしま動物園でした。

昨年ミラが亡くなって1頭になったコウゲツ。
気落ちしてないかなとか色々心配でしたが、元気そうでした。

寒い日でしたが、起きて歩きまわるよりも、寝てる時間の方が長かったかな。
でも、起きてウロウロする時も、足腰はまだまだ大丈夫そう。
b0024125_1011849.jpg


足を抱え込んで寝る姿がとてもとても可愛い。
今まで、こんな正面の位置で寝てるの見たことなかったけど、ミラがいなくなったせいかな。
それとも見たことなかっただけかな。
b0024125_10122672.jpg


遠吠えも聞けました。
b0024125_1013408.jpg

まだまだしっかり声が出てて安心。

ミラの分も元気で長生きしてね。
[PR]
by musca-zoo | 2012-01-20 10:15 | とくしま動物園 | Comments(2)
ミラの遠吠え
最後にミラとあった夏。
珍しく動画を撮っていたので、こちらにもあげておきます。



真夏の暑い盛りで、蝉の声の方がうるさいぐらいですが、ミラ姐さんの遠吠えをお聞きください。
コウゲツもコーラスで参加してます。
[PR]
by musca-zoo | 2011-12-07 12:15 | とくしま動物園 | Comments(0)
ミラ姐さん安らかに・・・
久々の更新ですが、悲しいお知らせです。
b0024125_21562188.jpg

10月31日、とくしま動物園のシベリアオオカミ、ミラが亡くなったそうです。

※画像は2010年1月撮影(フォトコンで入選した時のもの)

以下徳島新聞より転載
-------
とくしま動物園(徳島市)で飼育されていた雌のシベリアオオカミ「ミラ」が10月31日、がんで死んだ。14歳で高齢だった。園は11月中にお別れ会を開く予定。

 園によると、昨年7月、ミラの胸に腫瘍が見つかり、手術したところ、悪性の乳腺がんと分かった。肺にも転移しており、余命半年と診断。その後、投薬治療などで持ち直していたが、31日朝に死んでいるのを飼育員が見つけた。

 ミラは1997年、ロシア生まれ。98年2月に来園し、寒帯動物の展示ゾーンでホッキョクグマと並んで人気を集めた。雄の「コウゲツ」(14歳)とカップルになったが、子どもはできなかった。シベリアオオカミの平均寿命は13~15歳とされる。

小川嘉弘学芸員は「りりしい姿でファンも多かった。もっと長生きしてほしかった」と残念そうに話した。
---------

とにかくかっこよくて、目が鋭い印象のミラ姐さん。
初めて自分のカメラで撮ったオオカミがとくしまのオオカミ達でした。
ミラ姐さんの事、ずっとずっと忘れないよ。

以下、写真を多めに載せます。

ミラ姐さんの事忘れないよ
[PR]
by musca-zoo | 2011-11-02 22:25 | とくしま動物園 | Comments(4)