「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:加茂水族館( 4 )
ヤドカリの引っ越し
加茂水族館で、人生初!ヤドカリのお引っ越しシーンに出会いました。
テレビでは見た事あったんですが、目の前でお引っ越しする姿を見ると言うのはなんというか嬉しいものですね♪

加茂水族館のヤドカリがいる水槽には、沢山の貝殻と、生きてる貝が一緒に入ってます。
面白かったのがこれ。賃貸ランキング!
実際にその貝殻に触れて住み心地を確かめることができます。
b0024125_813197.jpg


で、たまたま目に止まったこのヤドカリ。
b0024125_913524.jpg

テレビで見た引っ越しのように、ハサミで入口の大きさなどをチェックしている様子。
このヤドカリ引っ越しするかもしれない!観察しようとチーカエを引きとめてみました。

テレビなどでは、かなり慎重に、とても時間をかけて引っ越していたように思いましたので、実は凄い時間かかって結局見られなかったとかになりそうだなと思いつつ観察。
ヤドカリの真正面で子ども達に見せてやったので画像は斜め右から。だから画像はちょいと湾曲してますがそこはご容赦願います。

引っ越しの様子は長くなるので畳みます↓

↓続きはこちら↓
[PR]
by musca-zoo | 2012-08-22 09:09 | 加茂水族館 | Comments(0)
加茂水リベンジ
閉園まで大森山にいて、翌日は朝から加茂水族館へ。

以前は今よりメディアの容量も小さくて沢山写真を撮ることが出来なかったから、今回はリベンジするつもりでした。

魚達の展示は相変わらずですが、説明看板が前より増えて面白くなってた気がする。
前は気がつかなかっただけかな。
説明看板には庄内地方での呼び名なども書いてあってとても興味深かったです。

ふよーんと海底に降りていく最中のオニオコゼ。
b0024125_9464636.jpg

庄内地方では「おごじ」と呼ばれるそうです。

ババガレイ?もふよーん。
b0024125_9473639.jpg

庄内地方では「アワフギ」「コモチガレ」と呼ばれるそうです。
コモチガレイ→コモチガレとかそんな感じなのかな?

細かいとこですが、水温の違いが書かれていたり。
b0024125_10113421.jpg

マダラとスケトウダラの違いが画像付きで解説されていたり。
b0024125_10114381.jpg

クラゲに特別力が入っている水族館ではありますが、地元の魚たちの紹介もとても良い感じでした。

水温が低いので、結露が起きやすく、水槽はちょっと見づらいのですが。
b0024125_10152991.jpg

各所にワイパーがあるので、これでサッと水を切ればしばらく見られます(笑)。

前回は時間が足りなくてアザラシ達は見られなかったんですが、今回は「あざらしタッチ」に参加してきました。人数限定なので、最初に入り口で参加券をもらっておきます。ちなみに無料。
b0024125_10115115.jpg

触る時は背中をそっと触ります。
b0024125_10133498.jpg

普通に触ると毛を感じにくいのですが、逆向きになでてみると、毛が密集しているのがよくわかります。

参加券がなくても、「あざらしタッチ」が終わった後、一緒に写真を撮る事ができます。
b0024125_10162297.jpg

この子達がまた可愛いーの。
ゆきちゃんとあかりちゃんというのですが、この子はゆきちゃんの方かな。
b0024125_10183186.jpg

こんなポーズもしてくれます。
お嫁に行った子達のその後などの通信欄。
b0024125_10234513.jpg

こういう展示ってファンは嬉しいですね。

堪能した後はクラネタリウムへ。
以前よりさらにハイテク化が進んでたような…そんな気がする。
こんなの前からあったっけ??どうやら2011年に拡張したんですね。前より広くなってたし、展示の充実度が更に凄くなってた。
b0024125_10191573.jpg

タッチパネルでクイズができるようになっていました。

そして2014年水族館全面リニューアルの予定だそうです。
リニューアルしたら、今のちょっと暖かい感じのパネルとか継続されるかな?
リニューアル前と後を比べるのもきっと楽しいです。

で…肝心のクラゲ写真はどーした!…あるんですが…数枚です。
思ったより、お盆時期で、海水浴シーズンだったんで、お客さんが多くて、中々水槽前から人がいなくなることが少なくて、ゆっくりカメラを構えられず。
皆さんクラゲをカメラに収めようと一つの水槽前で粘る方も多くて、思ったように近づけませんでした。

タコクラゲ。
b0024125_1025121.jpg

ユウレイクラゲ。
b0024125_10254964.jpg

…で、このユウレイクラゲのあたりでカメラが力尽きました。
マージーでー!!!

えーと10月に東山でも撃沈したはずですが、ここでもですか(泣)
そんなわけで、2014年、リニューアルした暁にはまた行こうと心に誓いましたのです、はい。
[PR]
by musca-zoo | 2012-08-21 10:30 | 加茂水族館 | Comments(0)
キタカブトクラゲ
夏にはやはり涼しげな写真で・・・と思うとついついクラゲ写真を選んでいます。
魚でも良いのですが、クラゲの方が白いせいか、なんとなーく涼しげです。
魚は魚でカラフルだったり変わった顔で面白いのですけど。

今日のクラゲはキタカブトクラゲさん。
水族館の説明によりますと、2004年に新しく和名がついたそうです。
b0024125_22133171.jpg

水深1000mにも住んでいるのが特徴らしいです。
・・・しかし、1000mってあんまり想像できない。
1kmってことですか。
・・・深っ!

櫛板列という器官を持っているのですが、これが光ると虹色でとても綺麗です。
これを持ってるから有櫛動物っていうんですけどね。
一般的に水族館でよく見かけるミズクラゲとかは刺胞動物になるのです。刺胞・・・つまり刺すってことで刺されるクラゲの仲間はこっちかな。

同属に、カブトクラゲというクラゲがいます。
やはりキタカブトさんと似てますな。

カブトクラゲとは・・・
[PR]
by musca-zoo | 2006-08-09 22:25 | 加茂水族館 | Comments(2)
暑い時はクラゲ
というわけで、書いた文章が消えました(泣)
それはさておいて、暑くなってくるとクラゲが見たくなります。

そんな本日は庄内加茂水族館より、ヤナギクラゲ。
b0024125_03496.jpg

この水族館ではクラゲにとても力を入れているそうです。
実際、クラゲ入りのお菓子やらオリジナルグッズやらが沢山有りました。
中でも一番のお気に入りはクラゲぬいぐるみ。
割といい出来です。オリジナルってのがまた心くすぐられるわけですよ。
これだけクラゲに力注ぐなら、いっそクラゲオンリーの水族館にしても良いのでは?と
言うのが正直な感想。魚部分への力の入らなさ加減がまた対照的だったのです。
力を入れる余裕がないらしいですが、それなら尚クラゲオンリーでもいいような気がしたのです。
いや、ホントクラゲだけでもすごいですよ!その名もクラネタリウム。
常設20種以上って大変な努力だと思います。
[PR]
by musca-zoo | 2006-07-28 00:07 | 加茂水族館 | Comments(2)