人気ブログランキング |
ミラ姐さん安らかに・・・
久々の更新ですが、悲しいお知らせです。
b0024125_21562188.jpg

10月31日、とくしま動物園のシベリアオオカミ、ミラが亡くなったそうです。

※画像は2010年1月撮影(フォトコンで入選した時のもの)

以下徳島新聞より転載
-------
とくしま動物園(徳島市)で飼育されていた雌のシベリアオオカミ「ミラ」が10月31日、がんで死んだ。14歳で高齢だった。園は11月中にお別れ会を開く予定。

 園によると、昨年7月、ミラの胸に腫瘍が見つかり、手術したところ、悪性の乳腺がんと分かった。肺にも転移しており、余命半年と診断。その後、投薬治療などで持ち直していたが、31日朝に死んでいるのを飼育員が見つけた。

 ミラは1997年、ロシア生まれ。98年2月に来園し、寒帯動物の展示ゾーンでホッキョクグマと並んで人気を集めた。雄の「コウゲツ」(14歳)とカップルになったが、子どもはできなかった。シベリアオオカミの平均寿命は13~15歳とされる。

小川嘉弘学芸員は「りりしい姿でファンも多かった。もっと長生きしてほしかった」と残念そうに話した。
---------

とにかくかっこよくて、目が鋭い印象のミラ姐さん。
初めて自分のカメラで撮ったオオカミがとくしまのオオカミ達でした。
ミラ姐さんの事、ずっとずっと忘れないよ。

以下、写真を多めに載せます。




2001年10月
初めてあった時のミラ姐さん
b0024125_2265971.jpg

この時は銀塩カメラだったので、過去に取り込んだデータがこれ1枚だけ。
ネガはたぶんあると思うけど・・本当に初期のころの写真。

2004年6月
デジタルカメラに移行して、ようやくまともに撮れたミラ姐さん
b0024125_2284252.jpg

ブログ等のプロフィール画像として利用しているとても大好きな1枚です。
初期のKiss-Digitalで撮影してた頃の写真ですが、結局これを超えるミラ姐さんのカッコいい写真は自分の中では撮れずじまいでした。

2004年11月
冬毛のミラ姐さん
b0024125_22103436.jpg


2004年11月
b0024125_22125530.jpg


2004年11月
b0024125_22132110.jpg

遠吠え姿も大好きでした。

2006年にも訪問しているのですが、夏で滞在時間が短かったのでまともな写真がないのが悔やまれます。

2009年4月
b0024125_22143180.jpg

EOS20Dの頃の写真

2010年1月
b0024125_2218229.jpg

EOS30Dの頃の写真

2010年1月
b0024125_22205398.jpg


2011年8月
b0024125_22213438.jpg

この時が最後になってしまいました。

またねって言って別れたのにね・・・。
いつも、もっと、もっと撮っておけば良かった。もっと会いに行けば良かったと思ってしまう。
でも、きっとどれだけ会ってもどれだけ撮っても、こういう気持ちになるんだろう。

今はただ安らかに、ミラ姐さんの冥福を祈りたいと思います。

ひとりぼっちになったコウゲツが気落ちしてしまわないか、それが心配です。
年明けたらまた会いに行くからね、コウゲツ。
by musca-zoo | 2011-11-02 22:25 | とくしま動物園 | Comments(4)
Commented by Mika at 2011-11-02 23:24 x
ミラ、私は会った事がないオオカミでしたが、本当に凛々しい。この子がmuscaさんのアイコンだったと、初めて知りました。
オオカミ初心者の私は、直接会った子は少なく、ほとんどが若い子なのでこういう悲しみを味わった事はありませんが…。一生が人よりずっと短いという事は分かってはいても、淋しいです。
一方で今年も新しい命が生まれる、「いのち」って、切ないけどやはり素晴らしいです。
Commented by ブランカママ at 2011-11-06 12:24 x
こんにちは。 久々の更新で 嬉しい! と思ったら 悲しいお知らせでした。  表紙の写真はどこの子かしら と思っていましたが、
ミラさんだったのですね。口吻が長くなくて とても 可愛い狼だったのですね。うちの県から一番近い狼なので 会いに行こうと思っていたのに とても 残念です。
Commented by musca-zoo at 2011-12-04 20:40
Mikaさん>スッカリ放置してしまい申し訳ありません。
ミラ姐さんは、私が初めてまともに自分で撮影したオオカミの1頭でした。
(たぶん一番最初は帯広のこ)。

一生が人よりも短い分、今若い子も何年か先には会えなくなってしまう事もある、とわかっていても、その時が来ると悲しくて仕方ありません。たとえそれが大往生と呼ばれる年齢だったとしても、もっと、もっと会いたかったです。
Commented by musca-zoo at 2011-12-04 20:41
ブランカママさん>すみません、久々の更新が悲しいニュースで。
気持ち切り替えていきたいとこですが、ハイランの訃報も書けていないので、そちらを書いてから通常通りに戻りたいと思います。

ミラは亡くなりましたが、コウゲツが1頭で寂しい思いをしているかもしれませんので、ぜひ会いに行ってあげて下さい。


<< 冬眠してました カッコよく成長中 >>