ルークの右目、手術翌日の話
6/5午後からルークのみ隔離され、麻酔下で右目の手術と犬歯の検査が行われたそうです。

6/6術後、メイン運動場を歩くルーク。
b0024125_17262219.jpg


以前、ルークの右目は緑内障で、視力は生まれつきないだろうと診断されました。
今回は、前回折ってしまった犬歯の診察も含め、右目の治療が行われることになったようです。

緑内障について調べてみると、おおまかに分けて、1:眼球内にシリコンの義眼を挿入する方法、2:眼球摘出手術、3:眼球内注射、という3つの治療方法があるようです。
今回は3の眼球内注射をすると職員さんにうかがっていました。

治療後は一ヶ月の間に徐々に眼球が萎縮していくので経過観察されるそうです。
また、暫くは目やにが多く出るそうです。

↓画像が多くなるので折り畳みます↓









6/5、昼過ぎ、無事に隔離が行われたのを見届けた後帰宅。
手術は2~3時くらいに行うとのことでした。

6/6、午前中に様子を伺いに行くと、既にメイン展示場に出ていました。

職員さんに伺ったところ、6/5術後暫くは室内にいて、夕方6時にサブ展示場のドアを開放して、外に出したそうです。6/6朝、食欲も回復しており、少量餌をもらって、メインに戻されたそうです。

私が到着した時点では、奥の方で寝場所を求めてウロウロしていましたが、手前側へゆっくりした足取りで出てきました。
麻酔明けで、ちょっと歩き方がおぼつかない様子ではありました。

b0024125_17515192.jpg

右目、瞳孔の部分が緑色っぽい。

b0024125_17542496.jpg

気になるのか、前脚でこする様子もありました。

b0024125_17544642.jpg

目やにのせいでちょっとショボショボしていますが、変わらず右目の方が大きいです。
てっきり、術後は右目がすぐに閉じた状態になっているのかと勘違いしていたので、パッと見て見た目がそれほど変わっていないので驚きました。

b0024125_17544617.jpg

斜め横から見たところ。
右目の下側も元々少しぽっこりしていたルークですが、今後このぽっこりした部分もどうなるのか気になります。

b0024125_1757637.jpg

真横から。

なお、犬歯については、縦に裂けているものがあったそうで(左上の犬歯かな…)破片を獣医さんが手で引っこ抜いたと聞きました。
ともかく、どの犬歯も根が残った状態であまり良いとは言えないそうなので、犬歯は後日3本とも抜歯することになると思う、との話でした。
ただ、今回の手術に同行した他の獣医さん(開業医としての経験が有る方だそう)の話によると、1本抜くのに2時間かかった事もあるとかで、犬歯を抜くのは大掛かりな手術になりそう・・・。

麻酔明け、しばらくはグルグル同じ場所を歩いたり、様子がおかしいルークでしたが、ジェイへの挨拶をしたり、ショウの挑戦的な態度にも、威圧したりする様子が見れたので一安心した。

なお、ルークの体重は39.6kgあったそうです。

引き続き、ルークの右目については、観察したいと思っています。
[PR]
by musca-zoo | 2014-06-10 18:09 | 円山動物園 | Comments(2)
Commented by うさねこ at 2014-06-14 22:22 x
毎回のことながら、
ルークの詳しい状態をアップしてくれてありがとうございます。

眼球注射に歯を抜かれるだなんて、
ルーク、かわいそう(T_T)
一日も早く、調子を取り戻して、元気に走ってほしいです。

先月半ば過ぎに、久しぶりに円山に行けたのですが、
今のオオカミ舎は砂がひかれてるんですね。
風が吹いた時に、砂が舞って、ルークが目をかゆかゆ・・・としていたのが気になりました。

サブ展示場を拡張したり工夫しているのはわかりますが、
キナコが亡くなってしまってから、
なんとなく、オオカミ舎が殺伐としているように見えるのは気のせいでしょうか・・・。
(こんなことを言うと、余計、さびしくなりますけど)

また時間がありましたら、ルーク情報をよろしくお願いします。

Commented by musca-zoo at 2014-06-19 22:49
うさねこさん>
いつものんびり更新で申し訳ないです。
術後1週間経過してからの様子も見てきたので近日中に報告しますね。

抜歯はしないと残った歯の周囲が炎症を起こした際危険なのでやむを得ないと思います。
ただ、時間がとてもかかるそうですが、あまり何度も麻酔をかけたくないし、という非常に難しいところらしく、一ヵ月後に目の様子を見る際、ついでに1本抜いて、また別の機会にもう1本、というように時間をかけて抜くかも、とのことでした。

オオカミ舎の砂、他で使ったのの余りを入れてもらったようですが(例年はシカの黒土の余り)、砂なので飛びやすいのが難点ですね。
担当さんが気にされていて水をまいてくれていますが、なかなか・・・。

色々オオカミ達のことを考えてくれているとは思うのですが、予算や上層部との兼ね合いもあって現場はどこも思ったようにならないみたいです。

近いうちにまたルークの様子を報告しますね。


<< あにまるぱらだいす展Vol.8 池田動物園 >>